保育士専門学校で取得できる資格

保育士専門学校を卒業するまでに取得できる資格には、さまざまな種類があります。
国家資格である保育士資格は、児童福祉法の18条に規定されている資格であり、厚生労働大臣が指定した大学や短大、専門学校を卒業した者に与えられます。保育士の専門学校を卒業しても、試験を受けなくてはならないのではないかと誤解している人もいますが、指定保育士養成施設に認定されている専門学校を卒業すれば、改めて試験を受ける必要はありません。


2種幼稚園教諭免状を取得できる専門学校もあります。


ただし、保育士養成課程のあるすべての学校で2種幼稚園教諭免状をとれるわけではないので注意が必要です。

保育士の専門学校の情報はこちらです。

厚生労働省のホームページや各学校の公式サイトで、幼稚園教諭免状をとることができるかどうかを確認しておきましょう。

Yahoo!知恵袋の情報が豊富です。

ちなみに、2種幼稚園教諭免状の資格も取得しておくと、幼稚園と保育所とが合体した認定こども園に就職しやすくなります。


上記以外の資格としては、ビジネスマナー検定や秘書検定、簿記検定などの資格を取得することができます。

ビジネスマナーについての授業がカリキュラムに組み込まれていたり、学校が資格試験対策の特別セミナーを開催してバックアップする学校がほとんどです。


これらの資格は、必ず取得しておかないといけないものではありませんが、就職活動のときにプラス材料となるため、多くの学生が受験しています。


このように、やる気さえあれば卒業までにたくさんの資格取得が可能です。