保育士養成学校:大学、短大、専門学校の違い

保育士になるには、厚生労働大臣指定の保育士養成学校できちんと学び卒業するか、国家試験を受けて合格する必要があります。

保育士の養成学校には、四年制大学、短大、専門学校があります。


それぞれ、どのような違いがあるでしょうか。
四年制大学は、時間的に余裕をもって、幅広く学ぶことができます。

大学により異なりますが、授業は理論に重点が置かれる傾向にあります。

幼稚園教諭一種免許をはじめ、小学校教諭一種や臨床心理士など他の資格が取得できる学科が多くあります。

将来的には保育士以外の職業を選ぶことも可能です。

入学試験があるため、希望校に誰でも入れるわけではありません。

しっかりとした保育士の専門学校の情報はこちらのサイトです。

4年間ある分、他のふたつに比べ、比較的学費がかかります。専門学校は2年間か3年間となり、時間的な余裕はあまりありません。授業は保育現場で役立つ実践的な内容が学べるものや実技、実習が多い傾向にあります。

期待できる毎日新聞情報を集めました。

入学試験がなかったり、書類審査や面接のみであったりと、比較的入学しやすいのも特徴のひとつです。学校によっては幼稚園教諭二種免許などの取得が可能なところもあります。


短大は、2年間で一般教養と専門科目を学ぶため、時間的にはあまり余裕はありません。


授業の傾向は大学と専門学校の間といったところです。
幼稚園教諭二種免許などを取得することが可能な短大も多いです。
将来は絶対保育士になると決めている人、早く卒業して働きたい人、現場で役立つ知識と技術を身に着けたい人は専門学校を選ぶといいでしょう。将来の選択肢を幅広く持ちたい人は大学や短大もいいでしょう。