即戦力の保育士を養成する専門学校

専門学校で保育士の資格を得るとたくさんのメリットがあります。
短期大学や四年制の大学よりも試験に受かりやすい、簡単などの他にも授業内容に、より現場で活用できる知識の学習ができるなどの特色があります。

専門学校は通常2年で資格を取得できます。

保育士の専門学校の情報が揃っています。

また夜間課程などもあるので、働きながら資格の取得も可能です。
学費も四年生と比べると安い傾向にあります。一番のメリットは学習内容です。

短期大学や四年制では最初は理論の学習がメインでそれから実習などの実際の現場での学習を行います。


しかし理論は実際の現場では役に立つものではありません。専門学校は理論よりも実際の現場で活用できる学習がメインです。

OKWave情報を簡単に請求できます。

現役の保育士がげんばで行っている読み聞かせや紙芝居などで工夫する方法、早くきれいな創作物を作る仕方、一日の保育の案を記した日報の書き方などを実際の現場での業務経験のある講師の方や現役の保育士の方が教えてくれます。また実習時間も多く、中には実習がメインの施設もあります。就職して職場で仕事を覚えていくのではなく即戦力の保育士を養成するのが専門学校の目的です。就職の面でもメリットがあります。

現場での経験のある講師の方々が持っているつながりによりたくさんの施設から職場を選ぶことができます。



それぞれの施設の特色や業務内容などの情報も詳しく得ることができ、就職してからの業務人間関係も円滑に運ぶことができます。
このように専門学校にはたくさんのメリットがあります。

将来保育士になりたいと目標が決まっている方にあった知識を学べる環境です。

納得の事実

保育士専門学校を卒業するまでに取得できる資格には、さまざまな種類があります。国家資格である保育士資格は、児童福祉法の18条に規定されている資格であり、厚生労働大臣が指定した大学や短大、専門学校を卒業した者に与えられます。...

more

資格の秘訣

保育士になるには、厚生労働大臣指定の保育士養成学校できちんと学び卒業するか、国家試験を受けて合格する必要があります。保育士の養成学校には、四年制大学、短大、専門学校があります。...

more

納得の真実

保育士の資格を取るために専門学校に通ってみるというのも、有効な手段です。大学に通い資格取得を目指すという手段もありますが、学費などを考えると4年制の大学に通ってしまう場合には、学費が高いため保育士になりたいという明確な意思があるならば、専門学校で知識を身につけるというほうがいいでしょう。...

more

知りたい資格事情

専門学校で保育士の資格を取得するメリットとしては、すぐに現場で役立つスキルを身につけることが出来るというところにあります。というのも専門学校の場合は即戦力を重視している傾向があるので実習に趣を置いたカリキュラムとなっているので、保育士として現場に出てもすぐに立ち回る事ができるようになっています。...

more